薬局 調剤 処方箋 くすり ドラッグ 長野

土屋薬局

HOME > 健康相談・Q&A > にこにこだより

にこにこだより(PDF)

「にこにこだより」とは当社の管理栄養士が季節ごとに発行しているフリーペーパーです。
季節の食材についてのレシピや健康に関する豆知識などをお送りしております。
「にこにこだより」はお近くの土屋薬局の店頭または、当サイトでPDFファイルによりご覧いただけます。

にこにこだより NO,94 2018(蓮根)

煮物をはじめ、キンピラ、酢の物、天ぷら、サラダなどアレンジの利く野菜「蓮根」。穴が開いていることから「見通しがきく」「先が見通せる」というジンクスがあり、おせちなどの縁起物とて料理に使われるようになりました。今回は蓮根をテーマにお送りします。

にこにこだより NO、93 2018(胃腸)

冬は忘年会や新年会などの飲み会の機会が増え、楽しい時はついつい食べ過ぎたり飲み過ぎてしまいますね。暴飲暴食をしてしまいがちなこの時期こそ、いつもより少し胃腸にやさしい食事を心がけてみましょう。今回は「胃腸」に関する食材やレシピについてお伝えします。

にこにこだより NO.92 2017(長芋)

秋から冬にかけて旬の食材となる「長芋」中国では古来より、その栄養価の高さから漢方としても利用されてきました。生食でも食べられるのですりおろししてとろろに、千切りにしてシャキシャキと、火を通してほくほくに。今回は色々な食感が楽しめる長芋の栄養と特性についてお伝えします。

にこにこだより NO,91 2017(ひじき)

「ひじきを食べると長生きをする」という言い伝えがあり、縄文時代の貝塚から土出していることから、古来より日本人はひじきを食べていたようです。今回は、煮物・和え物などの定番の和食から、サラダ、ハンバーグなどの洋食まで取り入れられている「ひじき」についてお送りいたします。

にこにこだより NO,90 2017(さつまいも)

食事のおかずとしても、スイーツとしても楽しめる秋のごちそう「さつまいも」。さつまいもが原料で作られる芋焼酎は、江戸時代から盛んに作られるようになりました。今回はそんな様々な料理に活躍するさつまいもについてお伝えしたいと思います。

にこにこだより NO,89 2019(お酒)

飲み会や晩酌など、体には悪いなと思いながらもついつい飲んでしまう「お酒」。体質によってもお酒に強い人、弱い人様々ですよね。今回はそんなお酒の性質やここまでならという目安など、意外と知らないお酒のことをお伝えします。

にこにこだより NO.88 2017(夏バテ)

「夏バテ」とは医学的な用語ではありませんが、高温多湿な日本の暑さによる体調不良の総称です。何となく「体がだるい」「食欲がわかない」など、不調を感じる「夏バテ」は仕方ないとあきらめていませんか? 今回は食事や生活習慣で「夏バテ」予防のポイントについてお送りします。

にこにこだより NO.87 2017(枝豆)

枝豆は大豆と収穫時期が異なるだけで、植物としては同一になります。近年、健康志向に伴う日本食ブームの影響もあり、塩ゆでなど簡単な調理法のものは北米・ヨーロッパなどの日本国外でも食べられるようになっています。今回は栄養豊富な枝豆についてお伝えします。

にこにこだより NO.86 2017(食中毒)

食中毒とは、有毒・有害な細菌・ウイルスが体内に入ることによって起こる健康障害です。主に急性の胃腸炎を引き起こします。食中毒の予防三原則は「付けない・増やさない・やっつける」です。今回は食中毒を予防する方法や食品についてお送りします。

このページのTOPヘ