薬局 調剤 処方箋 くすり ドラッグ 長野

土屋薬局

HOME > お知らせ

お知らせ

ノロウイルスについて

2018/12/16

お知らせ
・ノロウイルス感染症とは?

ノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こす、ウイルス性の感染症です。長期免疫が成立しないため何度もかかります。
主に冬場に多く発生し、11月頃から流行がはじまり12〜2月にピークを迎えますが、年間を通して発生します。
原因ウイルスであるノロウイルスの増殖は人の腸管内のみですが、乾燥や熱にも強いうえに自然環境下でも長期間生存が可能で 感染力が非常に強く、少量のウイルス(10〜100個)でも感染・発症します。

ノロウイルス.jpg








・どんな病気?

主な症状は吐き気、おう吐です。発熱は37〜38度とあまり高熱とならないことが多いです。感染してから発病するまでの潜伏期間は12〜48時間です。
胃をひっくり返すような嘔吐もしくは吐き気が突然、強烈に起きるのが特徴です。症状の持続する期間も数時間?数日(平均1〜2日)と短期間です。
小児ではおう吐が多く、おう吐・下痢は一日数回からひどい時には10回以上の時もあります。
下痢は水様性で、重症例では1日に十数回も見られますが、通常は2〜3回で治まります。その他の症状としては、発熱のほか、筋肉痛、頭痛などが見られますが、後遺症が残ることもなく、いずれも軽症です。ごくまれにおう吐した物を喉に詰めて窒息(ちっそく)することがありますので注意してください。


・治療法は?

特効薬はありません。症状の持続する期間は短いですから、その間に脱水にならないように水分補給をすることが一番大切です。(場合によっては病院で点滴をしてもらいます。)抗生物質は効果がありませんし、下痢の期間を遷延させることがあるので、ノロウイルス感染症に対しては通常は使用しません。その他は吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が一般的です。

ノロウイルス予防.jpg・予防方法は?

ノロウイルスにはワクチンもなく、その感染を防ぐことは簡単ではありません。そして特に子ども達や高齢者には簡単に感染して発病します。最も重要で、効果的な予防方法は「流水・石けんによる手洗い」です。
ノロウイルスによる食中毒を防ぐには、カキなどの二枚貝の生食を避け、中心部を85〜90℃で90秒以上加熱してしっかり火を通すことが重要です。調理をする人は手洗いを徹底し、調理器具は洗剤などで十分に洗った後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)※で消毒しましょう。また、自らの健康管理に気を配ることも大切です。

※家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できます。製品に表示されている使用量の目安を参照してください

おう吐物や下痢便には、ノロウイルスが大量に含まれています。そしてわずかな量のウイルスが体の中に入っただけで、容易に感染します。塩素系の消毒剤や家庭用漂白剤でなければ効果的な消毒はできません。

汚れた衣類など、そのまま洗濯機で他の衣類と一緒に洗うと、洗濯槽内にノロウイルスが付着するだけではなく、他の衣類にもウイルスが付着してしまいます。おう吐物や下痢便で汚れた衣類は、マスクと手袋をした上でバケツやたらいなどでまず水洗いし、更に塩素系消毒剤(200〜1000 ppm)で消毒しましょう。


・感染を拡大させないため、対策しましょう

★感染経路をキチンと把握しましょう
ノロウイルスは主に経口感染で、ノロウイルスに汚染された二枚貝(主に牡蠣)などを摂取することで感染します。ご家庭では、感染者の便や嘔吐物に触れた手指で取り扱う食品などを介して、二次感染を起こすことが多くなっています。
  • しっかり手洗い・消毒し、感染をストップさせましょう!
  • うがいでしっかり予防しましょう。
  • 感染拡大防止のため、洗浄・除菌を行いましょう。


ノロウイルス感染経路.jpg
              (クリックで大きくなります)





大塚土屋薬局のご紹介

2018/12/10

お知らせ
長野市青木島にあります大塚土屋薬局を紹介致します。

大塚店外観.jpg
川中島バス停留所「下氷鉋」より徒歩7分。
薬局前には広い駐車場があり、ほっともっとに隣接しているので、待ち時間に利用することも
できます。


OTC.jpg
 多岐多様処方箋に対応し、ロキソニン等
一般用医薬品の販売もしているので、
土曜日の午後など急な対応も可能です。






三年前に改装し、待合室・トイレが広くなり、待ち時間を快適に過ごせるようになりました。

患者様には季節を感じてもらえるよう、行事ごとに薬局内を装飾してお待ちしています。

                           

メリークリスマス.jpg

ツリー.jpg                        今月はクリスマスの装飾です。


サンタ左.jpgサンタ右.jpg
お薬や訪問など疑問・問い合わせがありましたら、いつでもお気軽にお立ち寄りください。    

            

12月栄養相談日

2018/11/28

お知らせ
12月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関する事なら何でも相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

インフルエンザの予防について

2018/11/19

お知らせ
 インフルエンザは例年12月から感染者が増えてきて、1~3月にピークを迎えます。国立感染研究所のインフルエンザ流行マップによると、長野県は4月まで気を付けた方がよさそうです。
 インフルエンザの予防といえば、第一にワクチンの接種です。まず、抗体は接種して1か月程でピークになり、3~4か月後に減少していきます。抗体の数が減るのであって、抗体としては機能しますので、効果の期間は接種後2週間目から5か月間程とされています。ワクチンを打ったからといって、インフルエンザにかからないというわけではありません。しかし、ワクチンの効果により、感染後の発病の低減とかかった場合の重症化予防に有効と報告されています。 


《日常生活で気を付けること》                 正しいマスクの付け方 
                                                                    (クリックで大きくなります)
1 バランスのよい食事とビタミン補給正しいマスクの付け方.jpg
2 極端な厚着、薄着をしない
3 手洗い、うがい、マスク、人混みは避ける
4 室内は加湿をし、乾燥に気を付ける
5 タバコの吸いすぎに気を付ける


     手の洗い方               咳エチケット
  (クリックで大きくなります)     
手の洗い方.jpg咳、くしゃみが出たら、マスクをしましょう。くしゃみをする時は、ティッシュやハンカチで鼻と口をおさえます。使ったティッシュは、すぐゴミ箱に捨てましょう。咳やくしゃみでおさえた手は、こまめに手洗いをしましょう。ただし、タオルは共有しないこと。(共有すると、付着したウイルスで接触感染を起こします。)自分だけでなく、周りの人とお互いに気を付けることで、感染
症の流行や、感染拡大の予防につながります。
 
コメント1.jpg
                                       
コメント.jpg                                                                                                                
人形ダブル.jpg

第36回全社員研修会の報告

2018/11/16

お知らせ
11月11日(日)に行われました、第36回全社員研修会の報告を致します。

<午前の部>

特別講演「経済財政運営と改革の基本方針2018」を読み解く
        

獨協大学教授・経済アナリスト  森永 卓郎 先生
005.JPG
日ごろ接することのない分野のお話で、
新しい視点で経済を見るきっかけとなりました。
医療費削減については、今後私たちが積極的に
関わっていく必要のある分野です。
日常業務で行えるジェネリック医薬品の推進や、
残薬の解消、医師との連携は今後もより一層
続けていこうと思います。


<午後の部>

【薬剤師】

「かかりつけ薬剤師機能を発揮するためのコミュニケーション」

ファイザー株式会社 エッセンシャルヘルス事業部 グループ調剤推進部担当マネージャー
中山 雅喜 先生

信頼関係を構築していくコミュニケーションとして、
018.JPGアクティブリスニングを学びました。
クイックアセスメントにて、自分の苦手な点も
把握できたと考えます。
スモールグループディスカッションでは
普段かかりつけを勧めないような方への対応を
考えることで、患者様への対応の幅を
広げることができました。


【医療事務】

「レセコンの利活用について(デッドストック削減、電子お薬手帳活用、EHR紹介)」

株式会社EMシステムズ  木村 孝士 先生  島田 佐保 先生

電子お薬手帳は土屋薬品では普及段階でしたが、0230.JPG
患者様に利用のメリットをお伝えし、
患者様がどこの薬局に処方箋を送ろうか迷った
ときに選んでいただける薬局となれるように
努めなければならないと思いました。
デッドストックについては状況を把握し、
共有する事は在庫の圧縮、廃棄の削減につながる
大事な事だと改めて感じました。

和田土屋薬局のご紹介

2018/11/12

お知らせ
土屋薬品の中で1番最初に出来たお店が和田店です
 
    松本市郊外にあり近くには松本空港、J2松本山雅のホームグラウンドがあります
 
     天気のいい日には待合室から飛行機が下降してくるのが見え
北アルプスの山々がとてもきれいに見えます

      店舗外観.jpg店舗内.jpg
薬局内では職員の作った人気者のおじいちゃん・おばあちゃんの人形が
和やかな雰囲気で患者さんをお出迎えしてくれています。
 
人形.jpg









お薬の相談や介護の事など、お薬以外の相談もできる
とても明るく楽しい薬局です

講演会の報告(栄養士)

2018/11/01

お知らせ
10月19日(金)、星のさとより依頼された講演会を行いました。川中島地区の60歳以上の方を対象に36名ほど参加されました。依頼されるのは今年で3回目となりとても嬉しく思います。
今回のテーマは「寝たきりを防ごう?栄養バランスのよい食事」で、内容は寝たきりの原因となるロコモ、フレイル、サルコペニアなどの言葉を覚えてもらいながら、それらを予防するためにはどんな食事がいいのかお話しました。栄養バランスのよい食事が最も大切ですが、その中でもたんぱく質を摂ることの重要性を考えていただきました。1日にたんぱく質60g摂るにはどれくらいの食材を食べたらいいのか、食品カードを使ってグループディスカッションしていただき、60gに近かった班にはマイサイズ(たんぱくが1食で10g摂れるもの)をプレゼントしました。「けっこう頑張らないと60gって摂れないんだね」「たんぱく質100g超えちゃった、食べ過ぎだね」など様々な意見が聞かれました。高齢化が進む中で、「最近食べれなくなった」「なんだか体重が減ってきた」など低栄養の方が増えているのが現状です。早めに気付き対処することで予防できることもあるので、講演会などを通じて正しい知識を発信していけたらと思います。講演会後、後日栄養相談を希望される方も数名いて嬉しく思います。このような講演会の機会を下さった星のさとの方にもとても感謝しています。

   

11月栄養相談日

2018/10/25

お知らせ
11月の栄養相談の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でも相談にのります。ご興味のある方はぜひご利用下さい。

平成30年度第2期 実務実習のアンケート報告

2018/10/25

お知らせ
平成30年度実務実習の第2期が8月6日(月)から10月21日(日)に行われました。
土屋薬品では、大塚土屋薬局、ホーム土屋薬局、竜東土屋薬局の3店舗で
実務実習が行われました。

実務実習に参加された学生さんにアンケートを実施致しましたので、掲載致します。

担当してくれた薬剤師の先生、薬局の雰囲気について感じたこと

● 担当の薬剤師の先生、他の薬剤師の先生方、他職種の方からたくさん話かけていただいた
● 実習で行うこと1つ1つ丁寧に教えていただいた
● 薬局内はとても和やかな雰囲気だった
● 薬局の雰囲気は明るく、優しいものだった

印象に残った実習(外部実習を含む)

● 脳いきいき教室でお年寄りの前で薬についての話をしたこと
● 薬局製剤実習
● 漢方製剤実習


大変だった・苦労した点

● 患者さん一人一人の背景となる生活状況に適した服薬指導が難しかった
● 服薬指導で患者さんに聞くこと、分かりやすい薬の説明の仕方を考えるのに苦労した
● 最初は患者さんと接することが難しかったが、先生方の指導のお陰でスムーズな指導を行えるようになった

最後に、実務実習の充実度と進路決定で役に立ったかを5段階評価でアンケートを取りました。どちらも満足という結果を頂きました。




ご協力頂きました実習生の皆様、本当にありがとうございました。
実習生の皆様の今後のご活躍を心よりお祈り致します。

第8回土屋薬品ゴルフコンペ

2018/10/23

お知らせ
10月21日(日)に第8回土屋薬品ゴルフコンペが
長野カントリークラブで開催されました。
ゴルフ部の9
ゴルフ部20181021.jpg名が参加しました。

当日は、快晴の中、各々、ベスグロス賞を目指し
楽しくプレーできました。

このページのTOPヘ